Cocos2d-x v3.3 インストール(for Mac)

Cocos2d-x v3.3 インストール&設定手順を記載

Cocos2d-xダウンロードサイト

http://www.cocos2d-x.org/download

スクリーンショット 2014-12-29 00.32.57

1. Cocos2d-x ”v3.3” をダウンロード
2. zip解凍
3. ターミナル起動
4. ”cd”コマンドで解凍ディレクトリへ移動
5. ”./setup.py” 実行
6. ”Please enter the path of NDK_ROOT (or press Enter to skip):” と表示されるので
 Android NDKフォルダのパスを入力(/Users/〜〜/android-ndk-r10d)
7. ”Please enter the path of ANDROID_SDK_ROOT (or press Enter to skip):” と表示されるので
 Android SDKフォルダのパスを入力(/Users/〜〜/android-sdk-macosx)
8. ”Please enter the path of ANT_ROOT (or press Enter to skip):” と表示されるので
 ANTフォルダのパスを入力(/Users/〜〜/apache-ant-1.9.4/bin)
9. ”Please execute command: “source /Users/〜〜/.bash_profile”” と表示されるので
 ”source /Users/〜〜/.bash_profile”をコピー&ペーストして入力
上記実行後、パスが正しく通っているか確認する。
確認手順:
ユーザーホームディレクトリ直下の”.bash_profile”ファイル(隠しファイル)を開く。
下記のように、NDK_ROOT, ANDROID_SDK_ROOT, ANT_ROOTが記載されていれば問題ない。
パスが不足している場合には、不足パスを下記のように書き足す。
# Add environment variable NDK_ROOT for cocos2d-x
export NDK_ROOT=/Users/〜〜/android-ndk-r10d
export PATH=$NDK_ROOT:$PATH

# Add environment variable ANDROID_SDK_ROOT for cocos2d-x
export ANDROID_SDK_ROOT=/Users/〜〜/android-sdk-macosx
export PATH=$ANDROID_SDK_ROOT:$PATH
export PATH=$ANDROID_SDK_ROOT/tools:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools:$PATH

# Add environment variable ANT_ROOT for cocos2d-x
export ANT_ROOT=/Users/〜〜/apache-ant-1.9.4/bin
export PATH=$ANT_ROOT:$PATH
追記後はターミナルで”source .bash_profile”を実行し変更を反映させる。

<Eclipse 設定>

Eclipseを使う場合には追加で以下の設定をする必要がある。

1. [設定] -> [Android] -> [NDK] にて Android NDKフォルダのパスを入力

スクリーンショット 2014-12-29 12.59.06

2. [設定] -> [C/C++] -> [ビルド] -> [環境] -> [追加]にて以下を入力
名前:”NDK_ROOT”
値 :Android NDKフォルダのパスを入力

スクリーンショット 2014-12-29 13.09.06