Cocos2d-x v3.2からv3.3へのバージョンアップ時の注意点(Android)

v3.2からv3.3へのバージョンアップ時の注意点

※「NDK r10」導入済み環境を前提としています

既存の v3.2プロジェクトを v3.3へバージョンアップする時、
“cocos2d”フォルダの差し替え以外に “proj.android/build_native.py”も差し替える必要があった。
(cocos2d-x-3.3/templates/cpp-template-default/proj.android/build_native.py)

ファイルに差異がある他、ビルド環境設定処理の中で「NDK r10」で使用されている
“GCC4.9″の toolchains判定処理が追加されているためである。

build_native.py
   
ndk_root = check_environment_variables()
    if os.path.isdir(os.path.join(ndk_root,"toolchains/arm-linux-androideabi-4.9")):
        os.environ['NDK_TOOLCHAIN_VERSION'] = '4.9'
        print "The Selected NDK toolchain version was 4.9 !"
    elif os.path.isdir(os.path.join(ndk_root,"toolchains/arm-linux-androideabi-4.8")):
        os.environ['NDK_TOOLCHAIN_VERSION'] = '4.8'
        print "The Selected NDK toolchain version was 4.8 !"
    else:
        print "Couldn't find the gcc toolchain."
        exit(1)

ビルドエラーでかつ”The Selected NDK toolchain version was 4.9 !”と表示されていない場合には
上記が原因かもしれません。